きちんと蓋をする

冬は乾燥の季節というイメージがありますが、乾燥肌の人にとっては季節問わず大変なのです。体質にも寄りますが、しっかりとしたスキンケアを行えば潤いのある肌を保つ事が出来ます。
たっぷりの泡で洗顔した後はバシャバシャと浴びるように化粧水を塗ります。強く叩き込まずに、肌に刺激を与えないように手のひらで優しくパッティングします。
1回だけではなく数回に分けて化粧水を肌に吸い込ませた後は、乳液や保湿ジェルが欠かせません。化粧水で肌にたっぷりの水分を吸い込ませても、どんどん蒸発していってしまうのです。
その為、水分を逃がさないように保湿で蓋をしてあげるのです。保湿効果が高いという事もあり、乳液よりもジェルの方が注目されています。
常に乾燥しがちな肌質なら乾燥肌用の洗顔フォームやボティソープを使うと良いでしょう。顔も体も、洗った後に保湿をする事を忘れてはいけません。
特に女性の場合、肌が乾燥すると朝の化粧ノリも悪くなってしまいます。そうなるのを防ぐ為には夜のスキンケアが重要になります。
また、基本的な事ではありますが早寝早起きを心がける事で肌のサイクルは良くなります。肌の細胞は睡眠中に生まれ変わるので、スキンケアをしたら早めに寝るようにすると良いでしょう。
夜に正しいスキンケアをしておくと、朝になっても肌の潤いは保たれていると実感出来ます。朝も夜と同じように、たっぷりの泡で洗顔した後にたっぷりの化粧水、そして乳液や保湿ジェルを塗ります。

保湿効果

乾燥肌で困っているのなら保湿ジェルを試してみるべきです。保湿効果が高いので、塗った後もしばらくは肌の潤いが続くのです。化粧水の後に保湿ジェルを塗るのが一般的です。

Read more

ハリとツヤ

洗顔、化粧水、乳液の流れが基本となりますが、乾燥肌の人ならこれに保湿ジェルをプラスするだけでハリやツヤを手に入れる事が出来ます。ジェルは、最近になって多くの人から注目されています。

Read more

閉じ込める役割

乳液や保湿ジェルには潤いを閉じ込める役割があります。せっかく化粧水で肌に水分を浸透させたのですから、それを逃がさない為にもしっかりと保湿を行う必要があるのです。

Read more